「正しさ」よりも「優しさ」

人と人がトラブルを起こすとき

そしてそれがこじれてしまうとき・・・

「私は間違っていない」

「私は正しい」

と思ってしまいがちです。

・・・というより「正しい」と思いたいですよね。

しかし
「正しさ」「正解」「正義」というものは

人によって違うのですよね。

自分の意見を正当化することにムキになって
相手に不愉快な思いをさせてしまったら

いくら自分が正しいとしても

残念ながら
相手はあなたから離れていきますよ(涙)

そんな経験ありませんか?
私にはありますよ。

相手の立場になって考える
という能力が低かった時期です

そもそも
100%の正しさなんて存在しませんから!

相手の立場になって考えるというのは
良好な人間関係を築くためにも
とても大切なことです。

優先すべきは
「正しさ」よりも「優しさ」

お互いに気持ちよく過ごすためには
相手を気遣い
大切に扱い

問題が起きた時こそ
譲歩しあって
お互いが納得できる方向で
折り合いをつけることが

いい関係を築くためには
大切なんじゃないかな・・

相手が一緒にいたくなる人になれるといいですね。

そのためのポイント3つ!

・相手の立場に立って考える
・「正しさ」を主張しすぎない
・意見が違っていてもお互いに譲歩する(折り合いをつける)

関連記事

  1. 人生の3分の2は コミュニケーションでできている

  2. 対人スキルの低さが交渉にも影響する!相手を責めるより尊重する…

  3. 人格や品性は言葉遣いにあらわれる